2020年5月11日月曜日

日本リーグ・レスキューのルールを改定いたしました

レスキュー技術委員会内では、今年初めよりワールドリーグと日本リーグ・レスキューの位置づけにつきまして様々な議論がなされてきました。それを受けまして本年度(2021ジャパンオープンに向けて)日本リーグのルールを改定いたしましたので公開いたします。
主な改定ポイント
・選手の年齢制限を設けた(中学生以下)
・ 被災者は人を象ったシールとする
・チーム人数を1~2人とする
等です。
改定ルールは以下のリンクより、ダウンロードして確認ください。

ロボカップジュニア 日本リーグ・レスキュー 2021ルール

※疑問点などありましたら、各ブロックのレスキュー技術委員に確認ください。

レスキュー・ワールドリーグ ルール改定

レスキュー・ワールドリーグのルール(日本語版)を改定いたしました。
以下のリンクよりダウンロードして確認してください。

 ロボカップジュニアレスキューライン2020年ルール 日本語翻訳版

 ロボカップジュニアレスキューメイズ2020年ルール 日本語翻訳版

 なお、日本語翻訳版につきまして、今後修正が入る可能性もあります。
修正があった場合は当ブログにてご案内いたします。
 また、ルールは翻訳版よりも 英語の原文が最上位に位置つけられていますので、原文も確認ください。 
※国際ルールは、下記公開情報を参照ください。
 RoboCup Juniorの公式サイト レスキューのページ
  https://junior.robocup.org/rescue/


2020年1月20日月曜日

2020 和歌山大会適用ルールについて


ロボカップジュニア・ジャパンオープン 2020 和歌山では、以下のルールで競技を行います。

 ロボカップジュニアレスキューライン2020年ルール 日本語翻訳版

 ロボカップジュニアレスキューメイズ2020年ルール 日本語翻訳版

 ロボカップジュニア 日本リーグ・レスキュー 2020ルール


ワールドリーグ ライン・メイズについて 2020和歌山大会では以下の特別ルールを適用いたします。

2020ジャパンオープン大会での特別ルール ----------------------------------
・得点走行中にロボットを取り上げるためのハンドルをロボットに設置することは必須としない。
・競技進行停止時に再スタートさせるためのバイナリースイッチ・ボタンを審判にはっきりと見える位置に搭載することは必須とはしない。
--------------------------------------------------------------------------------
※上記ルールについて、大会運営の都合上特別ルールが追加・修正される場合があります。チームは大会の運営委員会から公開される情報を常に確認してください。

2019年4月28日日曜日

【速報】ジャパンオープン2019 レスキュー (公開終了 2019/10/08)

 結果詳細の公開は、2019/10/07をもって終了しました。
ご利用、ありがとうございました。

なお、ロボカップジュニアジュニア・ジャパンオープン2019和歌山の各競技表彰チーム一覧・決勝及び予選全試合結果は、引き続き下記サイトにて公開されています。ご参考まで。
http://www.robocupjunior.jp/2019-result.html

ジャパンオープン2019  レスキューの競技結果を下記サイトにて公開します。
   https://rcj.cloud/s/wakayama

 ご希望のリーグ、競技をクリックいただければ、結果詳細が確認できますので、ご活用願います。

 但し,上記サイトの全ての情報は 速報としての【参考情報】であり、公式の情報は,大会会場で掲示するもののみとなります。 この点、ご理解の上、ご利用いただくようよろしくお願いいたします。
 また、iOS9以前など一部のブラウザではうまく表示できないこともございますので、ご了承願います。


2019年4月26日金曜日

会場内での無線機器の利用に関して

 標記の件は、既に、2019和歌山大会 開催委員会の公式サイト
http://www.wakayama-cci.or.jp/robocup/ ) 等で、注意喚起されていますが、
レスキューリーグでは、競技運営全般にWifiを利用したシステムを使用しているため、特に、競技運営への影響が大きいため、ご理解とご協力をお願いいたします。


  会場内では、ルールで認められたロボット間での通信に供する場合を除いてBluetoothやWifiなどの無線機器の使用を禁止しています。

  これには、スマートフォンのテザリング機能やモバイルWifiルーターを用いての無線アクセスポイントの設置、Bluetoothや2.4GHz帯を使用する無線マウスや無線キーボードの利用も含みます。

   万が一会場内でこれらの機器を使用して他のチームや競技運営に支障を与えた場合、当該チームは失格処分の上、会場から即時退去していただきますので、これらの機器を使用しないように十分ご注意ください。

   また、チームのメンターや関係者がこれらの機器を使用し、競技運営に重大な影響が生じた場合、チームに対して同様の処置を取ることがあります。

 機器の使用可否について心配な場合は、当該機器の使用を控えてください。

以上、重ねて、ご理解とご協力をお願いいたします。

2019年4月1日月曜日

ジャパンオープン2019 パスコードについて

大会当日、会場において、次にあげる手続きを行う際、なりすまし等の不正防止のため、セキュリティー対策のひとつとして、数字4桁のパスコードが必要となります。

・競技枠の選択/競技順の決定
・チェックポイントの設定
・その他の各種手続き

パスコードは、テクニカルドキュメントの提出フォームに記載、送付されますので、必ず、覚えておいていただきたく、ご協力をお願いいたします。

2019年3月24日日曜日

ジャパンオープン2019 提出フォームの配信完了【4/17更新】

チームエントリ後、チームコードが確定したチームから、テクニカルドキュメントの提出フォーム配信を順次開始します。

注記)

・提出フォームのメールは、下記アドレスから送信されますので、
 受信拒否しないよう、設定にご注意ください。
    【ロボカップ】RoboCup Junior Japan Rescue Technical Comittee
          <no-reply@rcj.cloud>
・下記リストに自分のチーム名が書かれているにも関わらずメールが届かない場合は,
 迷惑メールボックスにないかどうかをご確認の上、レスキュー技術委員長までメールにて連絡願います。
(右欄 自己紹介 レスキュー技術委員長をクリック、問合せ メールをクリック )


配信済チーム

<ワールドリーグ レスキューメイズ>
WRM001 Tamagawa Academy Science Club
WRM002 pallas
WRM003 HongKong Maze Team
WRM004 Salvatag
WRM005 Otemon Rocket Brothers
WRM006 Team Regulus
WRM007 Aquila
WRM008 roboR2ST
WRM009 DMS-紬

<ワールドリーグ レスキューライン>
WRL001 Infinity
WRL002 2003
WRL003 Team鴉
WRL004 忍者boys
WRL005 NEXT ONE
WRL006 A
WRL007 Speed Robo Second
WRL008 ChupaChups
WRL009 5yen
WRL010 HongKong Line Team
WRL011 i9-9900k
WRL012 おいらぁ
WRL013 近大附属豊岡R-1
WRL014 laugh
WRL015 Nebula
WRL016 Destiny
WRL017 Crisis
WRL018 札幌日大・_・パソコン忘れた
WRL019 SunMoonStar
WRL020 meiden-多聞

<日本リーグ レスキュー>
NRL001 チームR
NRL002 SNEST_JH2
NRL003 RAOH
NRL004 DREAM BLACK MOUTH
NRL005 swimmers
NRL006 しょくぱん
NRL007 テツ&ヒロ
NRL008 シンプルイズベスト
NRL009 Happy
NRL010 チャレンジャー
NRL011 TURTLE
NRL012 近中 レスキュー1号
NRL013 サク
NRL014 Kenjabot
NRL015 ESC
NRL016 リルギガント
NRL017 ペスカトーレ
NRL018 てとらぱん
NRL019 BEAST-ミネアポリス
NRL020 バンシィ