2019年4月28日日曜日

【速報】ジャパンオープン2019 レスキュー

ジャパンオープン2019  レスキューの競技結果を下記サイトにて公開します。
   https://rcj.cloud/s/wakayama

 ご希望のリーグ、競技をクリックいただければ、結果詳細が確認できますので、ご活用願います。

 但し,上記サイトの全ての情報は 速報としての【参考情報】であり、公式の情報は,大会会場で掲示するもののみとなります。 この点、ご理解の上、ご利用いただくようよろしくお願いいたします。
 また、iOS9以前など一部のブラウザではうまく表示できないこともございますので、ご了承願います。


2019年4月26日金曜日

会場内での無線機器の利用に関して

 標記の件は、既に、2019和歌山大会 開催委員会の公式サイト
http://www.wakayama-cci.or.jp/robocup/ ) 等で、注意喚起されていますが、
レスキューリーグでは、競技運営全般にWifiを利用したシステムを使用しているため、特に、競技運営への影響が大きいため、ご理解とご協力をお願いいたします。


  会場内では、ルールで認められたロボット間での通信に供する場合を除いてBluetoothやWifiなどの無線機器の使用を禁止しています。

  これには、スマートフォンのテザリング機能やモバイルWifiルーターを用いての無線アクセスポイントの設置、Bluetoothや2.4GHz帯を使用する無線マウスや無線キーボードの利用も含みます。

   万が一会場内でこれらの機器を使用して他のチームや競技運営に支障を与えた場合、当該チームは失格処分の上、会場から即時退去していただきますので、これらの機器を使用しないように十分ご注意ください。

   また、チームのメンターや関係者がこれらの機器を使用し、競技運営に重大な影響が生じた場合、チームに対して同様の処置を取ることがあります。

 機器の使用可否について心配な場合は、当該機器の使用を控えてください。

以上、重ねて、ご理解とご協力をお願いいたします。

2019年4月1日月曜日

ジャパンオープン2019 パスコードについて

大会当日、会場において、次にあげる手続きを行う際、なりすまし等の不正防止のため、セキュリティー対策のひとつとして、数字4桁のパスコードが必要となります。

・競技枠の選択/競技順の決定
・チェックポイントの設定
・その他の各種手続き

パスコードは、テクニカルドキュメントの提出フォームに記載、送付されますので、必ず、覚えておいていただきたく、ご協力をお願いいたします。

2019年3月24日日曜日

ジャパンオープン2019 提出フォームの配信完了【4/17更新】

チームエントリ後、チームコードが確定したチームから、テクニカルドキュメントの提出フォーム配信を順次開始します。

注記)

・提出フォームのメールは、下記アドレスから送信されますので、
 受信拒否しないよう、設定にご注意ください。
    【ロボカップ】RoboCup Junior Japan Rescue Technical Comittee
          <no-reply@rcj.cloud>
・下記リストに自分のチーム名が書かれているにも関わらずメールが届かない場合は,
 迷惑メールボックスにないかどうかをご確認の上、レスキュー技術委員長までメールにて連絡願います。
(右欄 自己紹介 レスキュー技術委員長をクリック、問合せ メールをクリック )


配信済チーム

<ワールドリーグ レスキューメイズ>
WRM001 Tamagawa Academy Science Club
WRM002 pallas
WRM003 HongKong Maze Team
WRM004 Salvatag
WRM005 Otemon Rocket Brothers
WRM006 Team Regulus
WRM007 Aquila
WRM008 roboR2ST
WRM009 DMS-紬

<ワールドリーグ レスキューライン>
WRL001 Infinity
WRL002 2003
WRL003 Team鴉
WRL004 忍者boys
WRL005 NEXT ONE
WRL006 A
WRL007 Speed Robo Second
WRL008 ChupaChups
WRL009 5yen
WRL010 HongKong Line Team
WRL011 i9-9900k
WRL012 おいらぁ
WRL013 近大附属豊岡R-1
WRL014 laugh
WRL015 Nebula
WRL016 Destiny
WRL017 Crisis
WRL018 札幌日大・_・パソコン忘れた
WRL019 SunMoonStar
WRL020 meiden-多聞

<日本リーグ レスキュー>
NRL001 チームR
NRL002 SNEST_JH2
NRL003 RAOH
NRL004 DREAM BLACK MOUTH
NRL005 swimmers
NRL006 しょくぱん
NRL007 テツ&ヒロ
NRL008 シンプルイズベスト
NRL009 Happy
NRL010 チャレンジャー
NRL011 TURTLE
NRL012 近中 レスキュー1号
NRL013 サク
NRL014 Kenjabot
NRL015 ESC
NRL016 リルギガント
NRL017 ペスカトーレ
NRL018 てとらぱん
NRL019 BEAST-ミネアポリス
NRL020 バンシィ


2019年3月18日月曜日

ジャパンオープン2019 レスキュー競技スケジュール

ジャパンオープン2019  レスキュー競技スケジュール(概要)は以下の予定です。
但し、事情により当日までに変更の可能性もありますので、ご了承願います。

2019/4/27  前日
 受付終了後、
 15:00~ 18:30  車検、インタビュー、フィールドでの調整可能

2019/4/28 1日目

 開場後、受付、車検を受けたチームから、フィールドにて調整が可能
 (なお、前日、車検を完了したチームは、再車検は不要)

   10:00~10:30   選手ミーティング
 (11:00~12:00   開会式)
 13:00~16:40 競技、第1, 2回目
 16:40 ~    2日目走行順決定

    インタビューは、競技時間や開会式などの時間以外で実施予定 

2019/4/29 2日目
   開場後、フィールドにて調整が可能
     9:20~13:00  競技、第3回目、第4回目
          (日本リークレスキューは、第3回目まで)
   13:30~14:20  有志のチームによるプレゼンテーション
 
注)  競技会場のパドックには、チーム当たり1口のコンセントしか準備されません。
  2口以上必要なチームはテーブルタップなどを各自で準備願います。




ジャパンオープン2019 レスキューのインタビュー

   標記のレスキューのインタビューについては、以下の要領で進めますので、
ご協力の程、よろしくお願い致します。

1. スケジュール(概要)
      2019/4/27    15:15  ~  18:30    @会場内、レスキューインタビューエリア
      2019/4/28    10:30  ~  11:00    @会場内、レスキューインタビューエリア 
                           12:15  ~  12:45      同 上

2. インタビュー時間
      10分/チーム

3. インタビューの内容
            自分たちで作ってきたロボットや、チームの活動状況などを
      事前に提出いただいたテクニカルドキュメントの内容にもとづいて質問されます。

  ・自分で身につけた技術的な内容、自分たちで取り組んできたことや
   日々の活動について、ありのままに説明ください。
 説明の際、エンジニアリングジャーナルやソースコードを見せながらの方が、
   より効果的にアピールできるかもしれません。
  ・チームメンバー全員に個別に質問されますので、自分の役割以外の質問にも
   答えられるよう準備願います。
      ・テクニカルドキュメントが未提出の場合、インタビューだけでなく、
         車検もできないため、競技への参加ができないこともあります。

4. 事前予約制
  スタッフ、時間の都合により、事前予約制とさせていただきます。
           (申込み締切 2019/4/21 17:00 JST(日本標準時))
 
     ・チームエントリ後、テクニカルドキュメントの提出依頼のメールと合わせて、
   事前予約のご案内をいたしますので、お早目のエントリをお願いします。
  ・先着順で、締切までは変更は可能ですが、選択可能な枠は少なくなりますので、
          ご注意ください。
  ・参加受付後、遅くとも予約時間の15分前には会場に入りするなど、
   時間に余裕を持ってお越しください。
  ・来場後、レスキュー本部にてインタビューの受付確認をお願いします。
  ・大会当日(2019/4/28)は、開会式、参加者ミーティングなどで時間の余裕が
   ありませんので、可能な範囲で、前日(2019/4/27)に予約いただきたく、
   ご協力をお願いします。

ジャパンオープン2019 レスキューのドキュメント

ジャパンオープン2019で準備いただくドキュメントは、以下とします。
 なお、必須の項目について、納期までに提出がない場合、大会に出場できない、または、エキシビジョン扱いとする可能性がありますので、ご注意ください。

               ワールドリーグ 日本リーグ 媒体
 テクニカル・ドキュメント    必須     必須   Web
 プレゼンテーション・シート   必須     必須   Web かつ
                            紙(A3横)会場掲示用
 エンジニアリング・ジャーナル 提示が望ましい 不要   自由
                       (提示も可)

・テクニカルドキュメント
 エントリチームには、登録のメールアドレスに提出フォームを送付しますので、納期(2019/4/19 17:00 JST(日本標準時))までに回答願います。

 内容がわからない時は、メンターや昨年参加したチーム等に書き方を教わって、チームメンバーで作成ください。
 テクニカルドキュメントはインタビュー等を円滑に行うために使用するものですので、正直に回答願います。 また、余裕をもって準備するために早めのエントリをお願いします。

・プレゼンテーションシート
エントリチームには、登録のメールアドレスに提出フォームを送付しますので、PDF形式の電子ファイルで提出願います。(納期 2019/4/19 17:00 JST)
また、大会当日までに、基本、同じ内容のものを紙(A3横)でも準備して大会会場の指定の場所に掲示ください。

・エンジニアリングジャーナル
基本的にエンジニアリングジャーナルは、日頃の活動記録ノートですので、作成は必須ですが、ジャパン・オープン2019では、審判から提示は求めません。
また、ソースコードについても、同様の扱いとします。

ジャパンオープン2019 レスキューの競技方法及び順位決定方法

ジャパンオープン2019での競技方法、および順位決定の方法は、以下の通りとします。

ワールドリーグ レスキューライン / 日本リーグ レスキュー

競技方法
  • 4回*の競技すべてのコースを変更する
  • 4回*の競技すべての合計得点で順位を決定する
     * 但し、日本リーグ レスキューの競技回数は 3回とする

順位決定方法
  1. 合計得点の高い方を優先とする
  2. 競技時間の合計が短い方を優先とする
  3. 救出した被災者の多い方を優先とする
  4. 競技進行の停止回数の合計の少ない方を優先とする


その他
    交差点マーカーは、ジャパンオープン2016同等条件のものを使用します。




ワールドリーグ レスキューメイズ

競技方法
  • 4回の競技すべてのコースを変更する
  • 4回の競技すべての合計得点で順位を決定する

順位決定方法
  1. 合計得点の高い方を優先とする
  2. 競技時間の合計が短い方を優先とする
  3. 迷路から脱出出来た競技回数の多い方を優先とする
  4. 被災者の発見数の合計の多い方を優先とする
  5. 競技進行の停止回数の合計の少ない方を優先とする

その他
視覚的な被災者は添付を使用予定です。

2019年2月23日土曜日

ジャパンオープン2019 レスキュールールについて (2019.03.24 更新)

ジャパンオープン2019で適用する競技ルールについては、下記とすることをレスキュー技術委員会にて確認しました。

 ワールドリーグ レスキュー ライン  ⇒  2019国際ルール
 ワールドリーグ レスキュー メイズ    ⇒  2019国際ルール

 日本リーグ   レスキュー      ⇒  2019レスキューライン国際ルール
                              (但し、初心者向けとして 行き止まり、避難場所 レベル 2はありません。)

2019国際ルールは、下記公開情報を参照ください。
 RoboCup Juniorの公式サイト レスキューのページ e
  https://junior.robocup.org/rescue/


  なお、ローカルルールを採用する際は、本ブログ、もしくは、大会会場にて掲示いたします。

(追記 2019.03.19)
ルール運用は、審判講習資料を参照願います。(2019.03.24  誤記訂正 第2版)
  審判講習資料(レスキュー ライン)_第2版 

      審判講習資料(レスキュー メイズ) _第2版  

2019ルール 日本語翻訳版(第2版)  (2019.03.19更新)

 2019/01/20付でレスキューの2019ルールが公開されています。
    http://rcj.robocup.org/rescue.html  参照

 これに基づいて、参考情報として、日本語翻訳版を下記に公開いたします
  レスキューライン 2019年ルール  日本語翻訳版(第2版) (2019.03.19 第2版公開)
  レスキューメイズ 2019年ルール  日本語翻訳版(第2版) (2019.03.19 第2版公開)

 ルールは翻訳版よりも 英語の原文が最上位に位置つけられていますので、原文をご一読願います。 

 なお、日本語翻訳版につきまして、今後修正が入る可能性もあります。
修正があった場合は当ブログにてご案内いたします。

 2019ルールについての内容の問い合わせは、所属ブロックのレスキュー技術委員、または、英語の原文を確認の上、下記フォーラムより レスキューの国際技術委員会に問い合わせいただくよう、よろしくお願いいたします。
https://junior.forum.robocup.org/