2018年6月9日土曜日

2018ルール 日本語翻訳版

2018/05/25付でレスキューの2018ルールが公開されています。
    http://junior.robocup.org/rescue/ 参照

 これに基づいて、参考情報として、日本語翻訳版を下記に公開いたします
  レスキューライン 2018年ルール  日本語翻訳版
  レスキューメイズ 2018年ルール  日本語翻訳版
    レスキューメイズ レスキューキット 日本語翻訳版 

 ルールは翻訳版よりも 英語の原文が最上位に位置つけられていますので、原文をご一読願います。 

 なお、日本語翻訳版につきまして、今後修正が入る可能性もあります。
修正があった場合は当ブログにてご案内いたします。

 2018ルールについての内容の問い合わせは、所属ブロックのレスキュー技術委員、または、英語の原文を確認の上、下記フォーラムより レスキューの国際技術委員会に問い合わせいただくよう、よろしくお願いいたします。
https://junior.forum.robocup.org/

2018年3月31日土曜日

【速報】ジャパンオープン2018 レスキュー(追記あり)

ジャパンオープン2018  レスキューの競技結果を下記サイトにて公開します。
 ご希望のリーグ、競技をクリックいただければ、結果詳細が確認できますので、ご活用願います。

 但し,下記サイトの全ての情報は 速報としての【参考情報】であり、公式の情報は,大会会場で掲示するもののみとなります。 この点、ご理解の上、ご利用いただくようよろしくお願いいたします。
 また、iOS9以前など一部のブラウザではうまく表示できないこともございますので、ご了承願います。
 公式競技結果は、下記を参照願います。(2018/05/07追記)
http://www.robocupjunior.jp/2018-result.html

速報公開サイト (5月上旬には閉鎖予定)
https://report.rcjscore.cf/2018wakayama.html

  


2018年3月12日月曜日

ジャパンオープン2018 提出フォームの配信開始 (追記あり)

チームエントリ後、チームコードが確定したチームから、テクニカルドキュメントの提出フォームの配信を順次開始しました。 配信済チームは以下の通りです。
 万一、届いていない場合は、レスキュー技術委員長までメールにて連絡願います。
 (右欄 自己紹介 レスキュー技術委員長をクリック、問合せ メールをクリック )

配信済チーム (3/20時点 全チーム配信完了)
<ワールドリーグ レスキューメイズ>
WRM001 浦和一女TO
WRM002 Saver&Lock on
WRM003 Meteor
WRM004 Aquila

WRM005 ZΛ
WRM006 Otemon Rocket Brothers
WRM007 D-Rabbits
WRM008 札幌日大・U・DAWN
WRM009 HK Maze Team


<ワールドリーグ レスキューライン>
WRL001 Infinity
WRL002 A(Ampere)
WRL003 奏(かなで)
WRL004 Team鴉
WRL005 館林ロボットキング
WRL006 sunny
WRL007 SpeedRobo_F
WRL008 ガム飲んじゃった
WRL009  ATHs1st
WRL010 laugh
WRL011 歯医者復活~dentist~ 
WRL012 ARCo
WRL013 function()

WRL014 K&S
WRL015 NEXTONE
WRL016 おいらぁ
WRL017 meiden/chimp

WRL018 札幌日大・ISH
WRL019 HK LineTeam
WRL020 God Jinju



<日本リーグ レスキュー>
NRL001 チームポラリス
NRL002 GinanTech Robo
NRL003 竜巻
NRL004 NEXTAGE
NRL005 チーム1
NRL006 GEAROBO
NRL007 べにあずま大佐    (訂正 2018.03.15)
NRL008 SNEST_Robo6    (訂正 2018.03.15) 
NRL009 チーム_条侍        (訂正 2018.03.15)
NRL010 木の葉 
NRL011 館林ロボット
NRL012 R
NRL013 リトルギガント
NRL014 challenge
NRL015 RIKUレスキュー
NRL016 HRSC-05
NRL017 プロバビリティ

NRL018 玉藻
NRL019 うどんですよ



<追記  2018.03.13>
・提出フォームのメールは、no-reply@rcjscore.cfから送信されますので、
 受信拒否しないようにご注意ください。
・上記リストに自分のチームが書かれているにも関わらずメールが届かない場合は,
 各自の迷惑メールボックスにないかどうか、ご確認ください。
 (Gmailをご利用の場合、迷惑メールと判定されることが報告されています。
 ブラウザからGoogle アカウントにログインしてGmailの迷惑メールボックスを
 みると,その中にある場合もあるようです。)

2018年3月10日土曜日

ジャパンオープン2018 レスキューのインタビューについて (追記あり)

   標記のレスキューのインタビューについては、以下の要領で進めますので、
ご協力の程、よろしくお願い致します。

1. スケジュール(概要)
      3月30日   14:20  ~  17:40    @プラザホープ 4F
      3月31日     9:20  ~  10:40    @会場内、レスキュー インタビューエリア 
      3月31日   13:00  ~  14:00      同 上

2. インタビュー時間
      15分/チーム

3. インタビューの内容
            自分たちで作ってきたロボットや、チームの活動状況などを
      事前に提出いただいたテクニカルドキュメントの内容にもとづいて質問されます。

  ・自分で身につけた技術的な内容、自分たちで取り組んできたことや
   日々の活動について、ありのままに説明ください。
   説明の際、エンジニアリングジャーナルやソースコードを見せながらの方が、
   より効果的にアピールできるかもしれません。(2018.03.10 追記)
  ・チームメンバー全員に個別に質問されますので、自分の役割以外の質問にも
   答えられるよう準備願います。
      ・テクニカルドキュメントが未提出の場合、インタビューだけでなく、
         車検もできないため、競技への参加ができないこともあります。

4. 事前予約制
  スタッフ、時間の都合により、事前予約制とさせていただきます。
                   (申込み締切 3月25日)
 
     ・チームエントリ後、テクニカルドキュメントの提出依頼のメールと合わせて、
   事前予約のご案内をいたしますので、お早目のエントリをお願いします。
  ・先着順で、締切までは変更は可能ですが、
   選択可能な枠は少なくなりますので、ご注意ください。
  ・参加受付後、遅くとも予約時間の15分前には会場に入りするなど、
   時間に余裕を持ってお越しください。
  ・来場後、レスキュー本部にてインタビューの受付確認をお願いします。
  ・大会当日(3月31日)は、開会式、参加者ミーティングなどで時間の余裕が
   ありませんので、可能であれば、前日(3月30日)のインタビューを推奨します。


  

2018年3月1日木曜日

ジャパンオープン2018 レスキュー競技スケジュール (訂正あり)

ジャパンオープン2018  レスキュー競技スケジュールは以下の予定です。
但し、事情により当日までに変更の可能性もありますので、ご了承願います。


3月30日(金) 前日

 受付終了後、
 14:00~ 18:00  車検、インタビュー
 
 前日は、競技会場に入れません。
また、前日の会場では調整、はんだ付けなどもできませんので、ご承知おきください。


3月31日(土) 1日目

 開場後、受付、車検を受けたチームから、フィールドにて調整が可能
 (なお、前日、車検完了チームは、再車検は不要)

 開会式終了後に選手ミーティングを行う予定

 14:00~
17:40  競技、第1, 2回目
 17:40 ~    第3回走行順決定

    インタビューは、競技時間や開会式など時間以外で実施予定
    競技と並行して、インタビューを行う予定   (訂正 2018.03.10)


4月1日(日) 2日目

   開場後、フィールドにて調整が可能

   10:00~11:40  競技、第3回目

   13:00~14:30  有志のチームによるプレゼンテーション、
         2018ルール講習など技術交流会を行う予定


注)  競技会場のパドックには、チーム当たり1口のコンセントしか準備されません。
  2口以上必要なチームはテーブルタップなどを各自で準備願います。



ジャパンオープン2018 レスキューのドキュメント (追記あり)

ジャパンオープン2018で準備いただくドキュメントは、昨年同様に以下とします。
 なお、必須の項目について、納期までに提出がない場合、大会に出場できない、または、エキシビジョン扱いとする可能性がありますので、ご注意ください。

               ワールドリーグ 日本リーグ 媒体
 テクニカル・ドキュメント    必須     必須   Web
 プレゼンテーション・シート   必須     必須   Web かつ
                            紙(A3横)会場掲示用
 エンジニアリング・ジャーナル 提示が望ましい 不要   自由
                       (提示も可)   

・テクニカルドキュメント
 エントリチームには、登録のメールアドレスに提出フォームを送付しますので、2018/3/23納期で回答願います
 内容は英語のドキュメントRescue A & B Description of Materials Template (2014)を参考に、独自の質問も加えて作成されていますが、日本語翻訳版はありませんので内容がわからない時は、メンターや昨年参加したチーム等に書き方を教わって、チームメンバーで作成ください。
 テクニカルドキュメントはインタビュー等を円滑に行うために使用するものですので、正直に回答願います。 また、余裕をもって準備するために早めのエントリをお願いします。

・プレゼンテーションシート
エントリチームには、登録のメールアドレスに提出フォームを送付しますので、PDF形式の電子ファイルで提出願います。(納期 2018/3/23)
また、大会当日までに、基本、同じ内容のものを紙(A3横)でも準備して大会会場の指定の場所に掲示ください。

エンジニアリングジャーナル
基本的にエンジニアリングジャーナルは、日頃の活動記録ノートですので、作成は必須ですが、ジャパン・オープン2018では、審判から提示は求めません。
  また、ソースコードについても、同様に扱いとします。 (2018.03.10 追記)

ジャパンオープン2018 レスキューの競技方法及び順位決定方法

ジャパンオープン2018での競技方法、および順位決定の方法は、以下の通りとします。
 (昨年までの方法から一部変更となっていますので、ご注意ください。)

ワールドリーグ レスキューライン / 日本リーグ レスキュー

競技方法
  • 3回の競技すべてのコースを変更する
  • 3回の競技すべての合計得点で順位を決定する

順位決定方法
  1. 合計得点の高い方を優先とする
  2. 競技時間の合計が短い方を優先とする
  3. 救出した被災者の多い方を優先とする
  4. 競技進行の停止回数の合計の少ない方を優先とする


その他
    被災者及び交差点マーカーは、ジャパンオープン2016同等条件のものを使用します。




ワールドリーグ レスキューメイズ

競技方法
  • 3回の競技すべてのコースを変更する
  • 3回の競技すべての合計得点で順位を決定する

順位決定方法
  1. 合計得点の高い方を優先とする
  2. 競技時間の合計が短い方を優先とする
  3. 迷路から脱出出来た競技回数の多い方を優先とする
  4. 被災者の発見数の合計の多い方を優先とする
  5. 競技進行の停止回数の合計の少ない方を優先とする

2018年2月4日日曜日

ジャパンオープン2018 レスキューローカルルール

1. ジャパンオープン2018 ワールドリーグ メイズ
    1) 使用するフィールド(壁の幅)の都合により、出入口、及び、傾斜路の幅が、適用する2017国際ルールの公差 ±5%を満足せず、 最悪 27.5cmとなりますので、ご注意ください。

<Maze 2017国際ルール 関連部抜粋>
1.1.3 迷路は高さ15cm以上の壁で構成される。壁の幅により戸口と経路のスペース(幅)が狭くなることがあ る。 (1.1.4, 1.1.5, 及び1.3.2 を参照のこと)
1.1.4 出入口は30cm以上の幅がある。
1.1.5 傾斜路は30cm以上の幅と、水平面に対し最大25度の傾斜がある。傾斜路は常に直線である。
1.3.2 経路は約30cmの幅で経路はより大きな広場とつながることもある。


2) 視覚的な被災者
  添付を使用予定です。